ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

森の交流施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日更新

 健康づくりの拠点「森の交流施設」

森林セラピーロードや足つぼロードなど、高原内に点在する健康づくり施設の拠点となるのが「森の交流施設」です。
健康コンシェルジュによる運動指導も実施しています。
大芝高原味工房(外部リンク)や足湯(外部リンク)と一体的にご利用ください。

外観

所在地
南箕輪村2358番地5
(大芝高原味工房 南側)

建築面積
111.32平方メートル

床面積
79.50平方メートル

開館時間

午前10時~午後6時(木曜日定休)

健康測定機器

体組成計 1台
エアロバイク 3台
握力計 3個
デジタル歩数計 10個
デジタル血圧計 1台

施設案内

森の交流施設の見取り図

ヒノキをふんだんに使用した室内
内部の壁には、この建物を建設する際に敷地内で伐採したヒノキをふんだんに使用しました。

[エアロバイク]
交流室にエアロバイクを3台設置し、体力テストやトレーニングに活用します。

[体組成計]
交流室には両腕、両足、体幹の各部位ごとの体脂肪率や筋肉量を測定し、全身の体組成および基礎代謝や内臓脂肪レベルを算出することができる体組成計を設置しています。

[LED照明]
長時間の点灯が必要な外部の照明は、LED照明を採用しています。

[ウッドデッキ]
深いひさしの付いた広いウッドデッキは、交流室と一体的な空間として活用します。

[ペレットストーブ]
暖房はペレットストーブで。

運動サポートデー

体重や体脂肪率、筋肉量などが測定できる体組成計や、エアロバイクなどの利用方法、ウォーキングフォームなどについて、健康コンシェルジュが指導します。

  • 時間
    午前10時~午後4時(木曜日・日曜日・祝日を除く)

森の健康医学(森林セラピーが生み出す健康効果)(外部リンク)

運動サポートデーに関するお問い合わせは、健康福祉課健康推進係(Tel:0265-72-2105)までお願いします。