ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 観光・レジャー情報 > 観光スポットと施設 > 「みんなの森」を歩いてみよう

「みんなの森」を歩いてみよう

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月13日更新

癒やしの森で心身ともにリフレッシュ

大芝高原「みんなの森」森林セラピー®セラピーロードに認定!

コース図

ウッドチップの小径
ウッドチップの小径
足に感じる弾力がここちよい。身体が癒やしを求めている方はこちらを。

林の小径
林の小径
ハードにどんどん歩きたい方はこちらをどうぞ。

林望台
林望台
まさしく林を望む建物。普段は下からしか見ない木を、ちょっと高いところから見ると、違った感覚を得られるかも。

赤松の小屋
赤松の小屋
みんなの森の中心部にある建物。森林教室や作業をするときにも使える。夏はウッドデッキでセミの声を聞くといい。トイレはここで。

かたらい亭
かたらい亭
大芝湖東の駐車場から最も近くにある建物。歩き疲れたら、休息をとって仲間と語らいを。そしてまたレッツ!ウォーキング。

足湯(大芝高原味工房に併設)
足湯(大芝高原味工房に併設) 
歩いた後は、温かな足湯でリフレッシュ!
無料で利用できます。

かたらい亭をスタート・ゴール地点にしたおすすめコース

ぐるっとひと回り リフレッシュコース目安35分

みんなの森をぐるっとまわりたい人はリフレッシュコースがおすすめ。
ちょっと長いコースなので、少し汗をかいて気分をリフレッシュ。

ひざや腰にやさしく イージーコース目安30分

ウッドチップと山砂の小径を中心にしたコース。
ひざや腰をいたわりながらゆっくり歩きたいひとはこのコースで。

ちょっと楽しみたい人は ライトコース目安15分

みんなの森をちょっと歩いてみたい方はこのコースを。
歩くのが苦手な人も一度おためしあれ。

心地よいウォーキングのポイント

  • 無理のないコース選びを。楽しんで歩きましょう。
  • 年齢や健康状態に合わせて、けっして無理をしないようにしましょう。
  • 歩行→休憩→歩行→休憩を繰り返しましょう。
  • 休憩のときは、ゆったり深呼吸をしましょう。

効果的なウォーキング姿勢

  • 目線は、20メートルから30メートル先を見るようにし、軽くあごを引きましょう。
  • 手は軽く振るか、開くようにします。腕は、できるだけ後方に大きく振るように意識しましょう。
  • 上半身はリラックスし、胸を張って歩きましょう。
  • できるだけ大股を意識して歩きましょう。
  • かかとから着地し、つま先でしっかりと蹴り出しましょう。
  • 一直線上を歩くイメージで、ウォーキングしましょう。
正しい歩き方が大切な理由

崩れた姿勢でのウォーキングは、かえってけがの原因となる可能性があります。

例えば、前傾姿勢(猫背)で長時間ウォーキングを続けると、腰痛を引き起こしやすくなるだけでなく、大股で歩くことの妨げになります。
そのため、正しい姿勢でないと、効果的なウォーキングの実施につながらないのです。
今からでも遅くないので、少しずつ正しい歩き方をマスターしていきましょう。

インターバル速歩に挑戦!

ゆっくり歩きと、息が切れるくらいの速歩きを繰り返し行うことで、体力向上や脂肪燃焼に効果があると言われている、画期的なウォーキング方法です。

  1. 最初はゆっくりウォーミングアップ歩きで
    上半身をリラックスさせ、正しい姿勢で、普段歩くようにゆっくり3分ほど歩きます。
  2. 徐々に速歩きに
    徐々にスピードを上げながら、速歩きを3分行います。
    速歩きの目安は「息がはずみ、ややきつい」と感じる程度です。
  3. 息が切れてきたらゆっくり歩き
    速歩きをして、息が切れてきたら、ゆっくり歩きに変えます。
  4. 疲れがとれたら速歩きに
    疲れがとれて、呼吸も整ってきたら、再び速歩きをします。
  5. ゆっくり歩きと速歩きを交互に行い、繰り返す
    「速歩き3分」が大変な方は、30秒や1分でもかまいません。
    重要なことは、速歩き時間の合計が1日に15分以上、それを週3日以上続けることです。