ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建設水道課 > ブロック塀の安全点検

ブロック塀の安全点検

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月4日更新

6月18日に大阪府北部を震源として発生した地震において、倒壊したブロック塀などにより小学生を含む2人の方が亡くなられる大変痛ましい事故が発生しました。
古いブロック塀等にあっては、劣化や鉄筋の不足等により、地震時等に倒壊のおそれがあります。また、現行基準に適合しない場合もありますので、ブロック塀等の安全点検をお願いします。

点検してみましょう

地震によって道路沿いにある塀が倒壊すると、子どもや高齢者などへの被害のおそれがあるだけでなく、緊急車両の通行の妨げになり、避難や救助に支障が出ます。
塀の安全確保は所有者の責任です。まずは、ご自身で点検してみましょう。
傾きやひび割れといった劣化がみられる場合や、控壁(ひかえかべ)が無い等基準に適合しない場合には、施工業者等の専門家に相談しましょう。
安全点検の結果、安全性の疑義などご不明な点がございましたら、担当部署へお問い合わせください。

構造基準及び点検方法

構造基準及び点検方法等については、長野県ホームページをご覧ください。

長野県(ブロック塀等の安全点検) (外部サイト)